CopperWorld
製品情報
被覆銅管
銅管
銅管継手
床暖房パネル
ECO-PN・ECO-Touch
関連製品
お取り扱い上のご注意
STC銅管ご利用上のご注意
line
銅管の基礎知識
人と銅の色々な出会い
建築物と銅管の歩み
銅と健康
line
日本各地の銅管の活躍
河野主任研究員の銅管腐食対策講座
UACJ銅管の配管講座
line
営業案内 資料請求・お問合せ
関連会社サイト 利用規定・制約事項
サイトマップ プライバシーポリシー
UACJ銅管
UACJ銅管販売
Copper World
日本各地の銅管の活躍 MENU TOP


近畿・四国地区(愛媛以外)


銅管は、水がうまい、施工が早い、トータル費用が安い。最高の配管材ですよ。

■渡辺がすすめる銅管の良さ
●抗菌性があります。
  昔から、「銅壷(どうこ)の水は腐らない。」(銅の器に入れた水が腐らないという意味)と言われる様に、銅には微量金属作用という抗菌作用があり、銅の表面は常に無菌状態になり腐敗を防止します。これは、科学的な証明のできない昔の人の知恵でした。
現代では、病原性大腸菌や、チフス菌、レジオネラ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌など、ばい菌の殺菌効果が認められています。
この様に、衛生的でおいしい水を飲むには、銅管が最適なんです。
余談ですが、私は、帰宅後十円玉を靴に入れておきます。そうすると、次の日には、靴の匂いがとれています。

●銅は、環境ホルモンとは無縁です。
  最近、プラスチック類からは、内分泌かく乱物質(環境ホルモン)が出ているという衝撃的な事実が新聞でも報道されています。 ご家庭用のラップフィルムからも出ているということで、おむすび弁当もうかうかと食べられないのかと不安になるばかりです。
配管材では、ポリエチレン管など樹脂管の他、塩化ビニルライニング鋼管の内面もプラスチックでできていますから、環境ホルモンが溶出してしまいます。
いつもは目に触れない配管材ですから、皆さんも気にしたことはなかったと思いますが、環境ホルモンとは、無縁な銅管を選んで下さい。

●緑青は無害です。(これは、まぎれもない事実です。)
  昔「緑青が毒」などと学校で教えられたため、今でも「緑青は毒」と信じている方がいらっしゃいます。
現在では、公に、どこでも緑青は無毒に等しいと記載されているとおり、「緑青は無害」です。しかし、子供の頃の経験は、なかなか払拭できないものですので、資料を読んでご納得して下さい。またまた余談ですが、緑青は、漢方薬でも使われているんですよ。

●経済性も抜群です。
  総合的な価格を比較すると、銅管がお得であることが良くわかります。お施主様の満足度も高い、工事店様の作業も早い、まさに理想的な配管材と私は思います。
またまた余談ですが、床暖房パネルも銅管を使った温水式床暖房パネルが安いですよ。

●施工性にすぐれます。
  水道用銅管の配管は、配管作業そのものも、給湯用銅管と同じで他の管種に比べ簡単です。また、給水、給湯と合わせ銅管を用い工事することで、更に能率を向上できます。 銅管の施工は、殆ど音がでませんから、夜でも施工できます。
またまた余談ですが、寝ている赤ん坊を起こす様な騒音は、トラブルになりかねません。おおらかな私でも、イライラしている時に、騒音をたてられれば、怒りますからね。

■UACJの普及活動
銅管は耐食性にすぐれますが、水質により、腐食が発生することもあります。UACJ銅管は、この様な銅管の事故に関して、地域に密着した調査、研究を永年重ねて来ました。
この「永年」の調査というものは、言葉で書くのは簡単ですが、他社にはまねできない膨大な資料になっています。
また、青い水がでる、孔が明くなどなどの苦情には、対応策があります。
UACJ銅管では、銅管腐食対策の決定版とも言える内面スズコート銅管「STC銅管」を開発し、すでに多くの物件で使って頂いています。
発売以来10年間無事故という極めて耐食性の高い銅管です。
「STC銅管」は、銅管を使いたいが水質などの制約がある所でも銅管を使えると大好評です。(水質や利用法によっては、STC銅管の性能が得られず、漏水に至る場合がありますので、採用に当たっては当社にお問い合わせ下さい。)
<STC銅管メリットへ>

●「STC銅管」ご採用物件の一例
  兵庫県:有馬グランドホテルなど一流ホテル多数
  京都府・滋賀県:赤十字病院など、高度医療機関多数
  和歌山県:リゾートホテルなど
  奈良県:県立病院などの医療機関
  大阪府:養護施設、複合型多目的ビル、他多数

これからも銅管を科学するトップメーカーとして、皆様に喜んでいただける製品を提供して行きたいと思います。
ご質問などありましたら、何なりと渡辺までどうぞ。
またまた余談ですが、ご注文の電話が第一希望ですのでどうぞお忘れなく。

STC銅管ご利用上のご注意

 質問・メール


お問い合せ先
●大阪支店 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル
TEL 06-7177-5390



I型孔食、II型孔食について詳しく知りたい方は、 河野主任研究員の銅管腐食対策講座に出席して下さい。 河野主任研究員の銅管腐食対策講座

銅管の施工を早く確実に行うコツを知りたい方は、UACJ銅管の配管講座をどうぞ。 UACJの配管講座


ページトップへ戻る▲


株式会社UACJ銅管販売
<製造元>UACJグループ
株式会社UACJ銅管
本社 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町6-5 KDX日本橋兜町ビル
TEL 03-5847-2988
FAX 03-3663-7320
北海道支店 〒060-0003
札幌市中央区北三条西3-1-25 NREG北三条ビル
TEL 011-241-4653
FAX 011-221-3254
名古屋支店 〒460-0022
名古屋市中区金山1-13-13 金山プレイス
TEL 052-324-4721
FAX 052-324-4734
大阪支店 〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル802号室
TEL 06-7177-5390
FAX 06-7177-5392
九州支店 〒812-0011
福岡市博多区博多駅前1-2-5 紙与博多ビル
TEL 092-472-1103
FAX 092-472-1107
Copper World MENU TOP