CopperWorld
製品情報
被覆銅管
銅管
銅管継手
床暖房パネル
ECO-PN・ECO-Touch
関連製品
お取り扱い上のご注意
STC銅管ご利用上のご注意
line
銅管の基礎知識
人と銅の色々な出会い
建築物と銅管の歩み
銅と健康
line
日本各地の銅管の活躍
河野主任研究員の銅管腐食対策講座
UACJ銅管の配管講座
line
営業案内 資料請求・お問合せ
関連会社サイト 利用規定・制約事項
サイトマップ プライバシーポリシー
UACJ銅管
UACJ銅管販売
Copper World
UACJの配管講座 MENU TOP


UACJの配管講座
接合前処理


(1)切断
(1)切断

銅管の切断にもっとも適しているのはパイプカッターです。これで切断すると、外面にまくれができません。

銅管用パイプカッターがない場合には、金のこや電動切断器を使用します。 この場合、管軸に対し直角に、管の断面を変形しないように注意してください。


(2)面取り
(2)面取り


完全な接合を行なうには、まくれを取りのぞく必要があります。これには専用のリーマーを使用するのがもっともよく、リーマーがない場合には、ヤスリまたはナイフで取除いてください。銅管内側のまくれは必ずリーマー等で取ってください。

(3)修正
(3)修正

銅管の管端が変形すると完全な接合ができなくなるので、銅管用のサイジングツールを使用して真円に修正してください。

継手類受口部も、取扱い時の当り等により変形した場合は、真円に修正してください。

一般的に継手を銅管に差込み、下に向けても落ちないくらいのすき間が適切です。(小口径の場合)


(4)清掃および磨き
(4)清掃および磨き

銅管外面および継手等の接合部に油やよごれがついていたら、ふきとってください。

次に接合部をスチールウール、サンドペーパー、ワイヤーブラシ等で金属光沢が 出るまでよく磨いて酸化皮膜を除きます。原則として継手内面もよく磨きます。

いったん清浄にした面は、直接手で触れたり、油のしみ込んだ手袋等で触れないように注意してください。




back next


ページトップへ戻る▲


株式会社UACJ銅管販売
<製造元>UACJグループ
株式会社UACJ銅管
本社 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町6-5 KDX日本橋兜町ビル
TEL 03-5847-2988
FAX 03-3663-7320
北海道支店 〒060-0003
札幌市中央区北三条西3-1-25 NREG北三条ビル
TEL 011-241-4653
FAX 011-221-3254
名古屋支店 〒460-0022
名古屋市中区金山1-13-13 金山プレイス
TEL 052-324-4721
FAX 052-324-4734
大阪支店 〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル802号室
TEL 06-7177-5390
FAX 06-7177-5392
九州支店 〒812-0011
福岡市博多区博多駅前1-2-5 紙与博多ビル
TEL 092-472-1103
FAX 092-472-1107
Copper World MENU TOP