CopperWorld
製品情報
被覆銅管
銅管
銅管継手
床暖房パネル
ECO-PN・ECO-Touch
関連製品
お取り扱い上のご注意
STC銅管ご利用上のご注意
line
銅管の基礎知識
人と銅の色々な出会い
建築物と銅管の歩み
銅と健康
line
日本各地の銅管の活躍
河野主任研究員の銅管腐食対策講座
UACJ銅管の配管講座
line
営業案内 資料請求・お問合せ
関連会社サイト 利用規定・制約事項
サイトマップ プライバシーポリシー
UACJ銅管
UACJ銅管販売
Copper World
河野主任研究員の銅管腐食対策講座 MENU TOP


河野主任研究員の銅管腐食対策講座
衛生性(スズイオン溶出性)

「錫塩には毒性がなく、清涼飲料水や食品の容器として理想的である」(H.H.ユーリック、.W.レヴィー著「腐食反応とその制御」)と言われており、またスズめっきがかん詰用缶やなべなどに広く利用されています。食品衛生、並びに水質基準等の公的な基準におけるスズの無害性についてご説明致します。

水質基準 以下に、平成23年1月28日に改正された厚生省の水質基準に関する省令を示します。  この法令中、スズは測定対象金属に上げられていないことからもスズは人体に無害であると言うことができます。

一般細菌 一mlの検水で形成される集落数が一〇〇以下であること。
大腸菌 検出されないこと。
カドミウム及びその化合物 カドミウムの量に関して、〇・〇〇三mg/l以下であること。
水銀及びその化合物 水銀の量に関して、〇・〇〇〇五mg/l以下であること。
セレン及びその化合物 セレンの量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。
鉛及びその化合物 鉛の量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。
ヒ素及びその化合物 ヒ素の量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。
六価クロム化合物 六価クロムの量に関して、〇・〇五mg/l以下であること。
シアン化物イオン及び塩化シアン シアンの量に関して、〇・〇一mg/l以下であること。
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 一〇mg/l以下であること。
十一 フッ素及びその化合物 フッ素の量に関して、〇・八mg/l以下であること。
十二 ホウ素及びその化合物 ホウ素の量に関して、一・〇mg/l以下であること。
十三 四塩化炭素 〇・〇〇二mg/l以下であること。
十四 一・四―ジオキサン 〇・〇五mg/l以下であること。
十五 シス―一・二―ジクロロエチレン及び
トランス―一・二―ジクロロエチレン
〇・〇四mg/l以下であること。
十六 ジクロロメタン 〇・〇二mg/l以下であること。
十七 テトラクロロエチレン 〇・〇一mg/l以下であること。
十八 トリクロロエチレン 〇・〇一mg/l以下であること。
十九 ベンゼン 〇・〇一mg/l以下であること。
二十 塩素酸 〇・六mg/l以下であること。
二十一 クロロ酢酸 〇・〇二mg/l以下であること。
二十二 クロロホルム 〇・〇六mg/l以下であること。
二十三 ジクロロ酢酸 〇・〇四mg/l以下であること。
二十四 ジブロモクロロメタン 〇・一mg/l以下であること。
二十五 臭素酸 〇・〇一mg/l以下であること。
二十六 総トリハロメタン
(クロロホルム、ジブロモクロロメタン、
ブロモジクロロメタン及び
ブロモホルムのそれぞれの濃度の総和)
〇・一mg/l以下であること。
二十七 トリクロロ酢酸 〇・二mg/l以下であること。
二十八 ブロモジクロロメタン 〇・〇三mg/l以下であること。
二十九 ブロモホルム 〇・〇九mg/l以下であること。
三十 ホルムアルデヒド 〇・〇八mg/l以下であること。
三十一 亜鉛及びその化合物 亜鉛の量に関して、一・〇mg/l以下であること。
三十二 アルミニウム及びその化合物 アルミニウムの量に関して、〇・二mg/l以下であること。
三十三 鉄及びその化合物 鉄の量に関して、〇・三mg/l以下であること。
三十四 銅及びその化合物 銅の量に関して、一・〇mg/l以下であること。
三十五 ナトリウム及びその化合物 ナトリウムの量に関して、二〇〇mg/l以下であること。
三十六 マンガン及びその化合物 マンガンの量に関して、〇・〇五mg/l以下であること。
三十七 塩化物イオン 二〇〇mg/l以下であること。
三十八 カルシウム、マグネシウム等(硬度) 三〇〇mg/l以下であること。
三十九 蒸発残留物 五〇〇mg/l以下であること。
四十 陰イオン界面活性剤 〇・二mg/l以下であること。
四十一 (四S・四aS・八aR)―オクタヒドロ―四・八a―ジメチルナフタレン―四a(二H)―オール(別名ジェオスミン) 〇・〇〇〇〇一mg/l以下であること。
四十二 一・二・七・七―テトラメチルビシクロ[二・二・一]ヘプタン―二―オール(別名二―メチルイソボルネオール) 〇・〇〇〇〇一mg/l以下であること。
四十三 非イオン界面活性剤 〇・〇二mg/l以下であること。
四十四 フェノール類 フェノールの量に換算して、〇・〇〇五mg/l以下であること。
四十五 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 三mg/l以下であること。
四十六 pH値 五・八以上八・六以下であること。
四十七 異常でないこと。
四十八 臭気 異常でないこと。
四十九 色度 五度以下であること。
五十 濁度 二度以下であること。

BACK NEXT


ページトップへ戻る▲


株式会社UACJ銅管販売
<製造元>UACJグループ
株式会社UACJ銅管
本社 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町6-5 KDX日本橋兜町ビル
TEL 03-5847-2988
FAX 03-3663-7320
北海道支店 〒060-0003
札幌市中央区北三条西3-1-25 NREG北三条ビル
TEL 011-241-4653
FAX 011-221-3254
名古屋支店 〒460-0022
名古屋市中区金山1-13-13 金山プレイス
TEL 052-324-4721
FAX 052-324-4734
大阪支店 〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル802号室
TEL 06-7177-5390
FAX 06-7177-5392
九州支店 〒812-0011
福岡市博多区博多駅前1-2-5 紙与博多ビル
TEL 092-472-1103
FAX 092-472-1107
Copper World MENU TOP